【南池袋の心霊スポット】夜の雑司ヶ谷霊園を散歩してみた!果たして幽霊が出ると言う噂は本当なのか!?

どうも、こんにちは。取材班のじぇーむず(@syuzaihan_james)です。

今回は取材班じぇーむずが岐阜に帰る前の最後の記念として、心霊スポットである雑司ヶ谷霊園を散歩してみたときの探索記録を綴っていきます。

↓岐阜に帰る経緯はこちらの記事でも触れています。

雑司ヶ谷霊園と言えば人影を見たとか、白い手が迫ってきたとか、良からぬ逸話が多く存在するスポットですが果たしてその真相とは一体…?

カメラ片手に夜の雑司ヶ谷霊園を散策してみましたので、現場での写真と共にこちらの探索記録をお楽しみ頂けたらと思います。

廃墟探索について
場所:東京都豊島区南池袋

探索日時:2018年11月27日

雑司ヶ谷霊園への行き方

雑司ヶ谷霊園にアクセスする場合は、都電雑司ヶ谷駅まで行くとすぐ目の前にあります。

大都会池袋の街外れにひっそりと存在するその様はとても不気味で興味深い景色となっています。

雑司ヶ谷霊園の写真

それでは夜の雑司ヶ谷霊園…探索を開始していきましょう。季節は11月、冷たい空気がどこか重苦しさすら感じさせます。

 

案内図のある入口から入ってすぐの場所から、墓場の景色を撮影してみました。写真では明るく見えますが、あたりは真っ暗です。

非常に不気味。一歩一歩を踏み出すのがとても気が重い…。

 

霊園はなかなか広く、いくつかのブロックに分かれています。

墓の中を突き進んでいくこともできるのですが、勇気の出ない取材班じぇーむずはひとまず街灯のある道をゆっくりと進んでいきます。

 

木々の隙間から見える月。秋の夜空は澄んでおり、都会にいながらも少しだけ宇宙を垣間見ることができます。

 

しかし、街灯があるところだけを突き進んでいても仕方がないので墓場の中を横切っていくことに…。

繰り返しになりますが、写真では明るいようでも現場は非常に暗いのです。ただただ怖い。

ただ、時刻は22時過ぎでしたが、この時間だとまだ少しだけ道を行き交う人がいるのが救いでしょうか。

 

ゆっくり、ゆっくり進んでいきます。

そういえば雑司ヶ谷霊園には、かの有名な小説家である夏目漱石を始め、太平洋戦争開戦時の内閣総理大臣の東條英機、耳なし芳一などの怪談を書いた小泉八雲などの有名人の墓も存在するそうです。

ひとまず岐阜に帰る前に、夏目漱石氏の墓だけはお参りしてみたい。探してみることにしました。

 

どこだろう。見つからない…。暗い、怖い、早く帰りたい…。そんなネガティブな気持ちに襲われる取材班じぇーむず。

とりあえずスマホで夏目漱石の墓の場所を調べてみることにしました。

 

どうやらこの道の先にあるらしい。しかし暗いぜ、雑司ヶ谷霊園。おまけにデカい。

 

ついに見つけました。夏目漱石氏の墓です。墓の下の段を右から読むと確かに『夏目』と書いてありますよね。

 

しゃがみ込み、岐阜での成功を夏目漱石に祈る取材班じぇーむず。

夏目漱石ファンが置いたであろう、ユリとキクの花がまだ色鮮やかに咲き誇っていました。

果たして祈りは届いたであろうか…。

 

最後に雑司ヶ谷霊園で撮影したお気に入りの一枚をば。都市と墓。このコントラストが素晴らしい。

しかし、ギラギラ光り輝く建物もいずれは朽ちて無くなるのですね。そう思うと時間と言うものの儚さを痛感するかのようでした。

雑司ヶ谷霊園を探索し終えて

いかがでしたか?今回は雑司ヶ谷霊園の探索記録を現場写真と共にお届けしました。

結局今回の探索では幽霊を見かけることはありませんでしたが、近くのマンションに住まう人は良く悪夢を見たり金縛りに合うとのこと。

霊感がある人はもしかしたら、何かしら感じるものがあるのかも。

全く霊感のない取材班じぇーむずも少し背筋にぞわぞわするものを感じたりはしましたので、冷やかし目的で立ち入ることはあまりおすすめしません。

それでは今回も、ここまでブログを閲覧して頂きましてありがとうございました。また次回の廃墟探索でお会いしましょう。

2 COMMENTS

RR

おー
なんと…
全ての写真に写ってましたね
((( ;゚Д゚)))
お墓が(笑)
最初の案内図から拡大して見ました…
見える人ではないけど気配?気?を感じる時はあります…

写真を見たら普通の人のようにお墓に立ってる人は生きてる?!
わかりませんが、立ってますね…
何枚か立ってますお墓参りの人?
(笑)(笑)(笑)(笑)
↑笑ってごまかしてます(*≧∀≦*)
それとは別に夏目漱石の墓を見れて良かったです!
ネオンと霊園!なかなか面白い視点で写真の構図も全体がわかる感じで
グッ!ジョブ!
お疲れ様でした( 〃▽〃)

じぇーむず

RRさん!
このスポットはまだ少し人気(もちろん生きてる人w)があるのでまだマシですが、
本当に通りすがりの人が誰もいないと、めちゃくちゃ怖くて雰囲気にのまれるでしょうね~(>_<) 何枚か立ってますとは一体…(笑) 生きてる人だと思いたい(笑) なかなか撮影しづらい場所でしたが、お楽しみ頂けたのなら幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。